元亨二年在銘法橋琳弁石卒都婆
飯塚市の明星寺は、平寿山妙覚院という天台宗の大寺があったと伝えられている所で、その後聖光上人が堂塔を完備し十二坊を有したと「太宰管内志」に記されているが、今、わずかに観音を祀る小堂が残るのみである。 当碑は寺跡のさらに南側の樹林の中に建てられており、高さ85cmのほぼ四角柱の自然石の四面に、キヤ・カ・ラ・バ・アの五輪塔の五大種子の四転を刻んでいる。梵字は碑面が荒れ筆力が判らないが、拓本では手なれた筆 跡が見える。 正面に種子をはさむ形で銘があり「法橋琳弁(朝か)八十一入滅 元亨二年(1322)七月二日」と記され、鎌倉時代末期の碑であることがわかる。  この碑はおそらく銘文の僧を供養するため、五輪塔の代わりに造立されたもので、その意味するものは同じである。ただこのように四面に五大種子をもつ板碑は類例がなく、珍しい。古い伝統をもつ寺の雰囲気がにじみ出ている。なおこの近くから真言を刻んだ滑石経も出土しており、天台寺院の遺跡であることがわかる。
【五輪塔の概略】
五輪塔は、その形態が率直簡明にして荘厳、石塔の中でも最も広く、しかも盛んに造られて来た卒塔婆である。真言密教では五輪塔は大日如来の三昧耶形でその形態自体が仏体を表示していると説いている。すなわち宇宙は地・水・火・風・空の五大からなりたっていて、この五大が宇宙にある一切の物質に偏在して、その物質を構成するもととなっているという密教の五大思想に基づいてつくられたものである。

住所飯塚市明星寺
762
TEL0948-25-2930

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)