木造薬師如来立像
「瑠璃光薬師如来」とも呼ばれ、像高97.3センチメートル
栢(かや)材の寄木造で鎌倉時代以後に製作されたと考えられますが、平安時代後期の様式を残す穏やかな顔立ちをしています。宝幢寺(ほうどうじ)境内に安置されています。秘仏であるために、33年ごとに開帳されます。昭和38年(1963)福岡県指定有形文化財に指定されました。
住所飯塚市相田
438

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)