五智如来板碑
通称・権現谷(かつて英彦山に次ぐ修験道場があったと云われています)と呼ばれる丘陵の南側側面の先端部にあります。勧進僧・円朝が建立したもので、3つの板碑からなっており中央碑には、五智如来像・八葉曼荼羅梵字・彦山三所権現が彫られています。左右碑には、大日真言や胎蔵界五仏を表す梵字が彫られています。中央碑の表面には五体の仏像と、文字が刻まれており、その中に養和2年(1182)の銘があります。
三連碑の中で中央の碑がもっとも大きく高さ134センチ幅69センチ厚さ21センチあります。
住所飯塚市筒野権現谷
27-36

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)