元吉の殿墓
庄内元吉の小丘頂上にある4基の古墓で、江戸時代前期から中期にかけて当地に移住した武家・大塩家4代目大塩八郎左衛門家勝とその妻・5代目金右衛門とその妻の墓と云うことがわかっています。大塩家は播州(兵庫県)出身で福岡藩主になった黒田家に従って筑前国にやってきた武家で黒田家の家臣野村家に仕えました。古文書等で大塩家の系譜や知行地等を知ることが出来、江戸時代の庄内を考える上で貴重な資料です。
住所飯塚市庄内元吉

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)