名称
ショウケ越・腰掛石

スマホで表示
(Android,iPhone)
住所飯塚市内住
県道60号線沿い「ショウケ越」と「大野峠」との分岐に「ショウケ越」の石碑とその近くに「腰掛石」があります。神功皇后が宇美八幡宮で応神天皇を出産後、ショウケの籠に入れて峠を越え、大分 ( だいぶ ) に至ったことから 「ショウケ越」と云うようになったと伝えられており、峠を越えるときに、ここの石に腰を掛けて休憩したので、通称「腰掛石」と呼ばれています。