秋松獅子舞
【開催場所】飯塚市 天満宮
【開 催 日】10月第2土曜日、日曜日
【アクセス】西鉄バス穂波農協バス停より徒歩5分
【由来等】
 秋松獅子舞の起源は定かではないが、江戸時代に始まったといわれており、秋松天満宮などに奉納されている。秋松天満宮は椿八幡宮を本家とし、仁徳天皇、菅原道真公、水雨の神を祭神としている。

【活動の歴史】
 かつては町内会で催行されていたが、昭和59年頃に、町内会と分離して、天満宮保存会が結成された。その後は保存会が主体となり獅子舞が継承されている。

【芸能を行う理由・目的】
 五穀豊穣

【舞・踊りの特徴】
 舞は、「ヒリヒヤ」「ナカ」「ノリ」「センダイ」の4種がある。雌獅子と雄獅子がお見合いをし、恋愛し、最後は恋に狂い乱舞するという流れで舞が行われる。ゆるやかな舞から徐々に激しい舞へと変わる。

住所飯塚市秋松

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)