伊川の獅子舞
【開催場所】飯塚市 伊川八幡宮
【開 催 日】7月15日以前の日曜日
【アクセス】JR新飯塚駅より車で15分、国道201号線伊川交差点より約1km
【由来等】
 獅子舞が行われる伊川八幡宮は、鎌倉時代に建てられたといわれている。獅子舞がいつ頃から行われているか定かではないが、大分八幡宮(旧筑穂町)の獅子舞の流れをくんでいることから、他の地域への伝承時期と合わせて、江戸時代中期頃に始まったものと推察される。

【活動の歴史】
 第二次大戦中、一度中断したものの、昭和22年頃に復活し現在に至る。

【芸能を行う理由・目的】
 豊作祈願、厄除け

【舞・踊りの特徴】
 大分獅子舞の流れをくむ伊川の獅子舞は、「イリヤ」「ナカ」「キリ」の3種の舞が行われる。「イリヤ」「ナカ」は、男女の仲睦まじい様を、「キリ」は恋に狂う様を表しているといわれている。


住所飯塚市伊川

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)