許斐神社(このみじんじゃ)
許斐(このみ)神社は天正元年(1573)の頃、秋月氏の家臣、許斐某がこの城にあった木実権現を崇敬し神社を建て直したので、いつしか許斐神社と言われるようになったと伝えられています。須佐神社、稲荷神社、天満神社、蛭子神社が許斐神社の境内に併祀されいます。一の鳥居は伊藤伝右衛門が寄進したものです。
祭神は天太玉命(あめの ふとだまのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこ と)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)。
筑前・許斐山城
【別名】木の実山城
【形態】丘城(30m/20m)
【歴史】詳細不明。秋月氏の端城と伝えられる。
許斐山城は遠賀川の西岸に聳える比高10m程の独立丘陵に築かれていた。現在許斐神社の境内となっている。『古城図』によれば堀切で区画された二つの曲輪が南北に並んでいたようであるが、現在は堀切は確認できない。

ご案内
住所飯塚市幸袋
506-1

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)