鹿毛馬神籠石
鹿毛馬神籠石は、鹿毛馬川に面した馬蹄型の丘陵地に形成された神籠石で、築造年代や目的については諸説ありますが、おおよそ7世紀頃(1400〜1300年前)に造られた古代の山城というのが一般的です。
通常は、神籠石は200メートルを越える高い場所に築かれる事が多いのですが、鹿毛馬神籠石は、30〜80メートルの低い丘陵地に築かれている事が特徴的です。列石は約1,800個もの切石が使われ、全長約2キロメートルに渉って土塁の腰石が形成されており、標高の低い場所に建てられており、谷部には暗渠式(あんきょしき)の水門が2ヵ所あります。水門跡の調査で、7世紀前半の須惠器甕破片(すえきかめはへん)が出土し、築造年代に手掛かりを与えました。
鹿毛馬神籠石は、昭和20年2月に約3万4302uが国の指定史跡に指定され、平成14年3月に追加指定を受け、総面積35万8238uとなっています。
【アクセス】
 西鉄バス「頴田病院」下車 徒歩約20分。
【駐車場】
 普通車(約10台)
【お問合せ】
 頴田町教育委員会文化財保護室
 〒820-1114 福岡県飯塚市大字口原1064-8
 TEL 09496-2-0553 , FAX 09496-2-0553

ご案内
住所飯塚市鹿毛馬
1088
TEL09496-2-0553

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)