名称
冷水峠(ひやみずとうげ)

スマホで表示
(Android,iPhone)
住所飯塚市内野
長崎街道内野宿と山家宿の中間にあり、九州の箱根と言われるほどの難所でした。峠には雨の日でも滑らないように石が敷き詰められていて、現在でも当時の面影を残しています。筑紫野市山家から冷水峠を越えて内野に至る区間は、「平成8年文化庁の歴史の道百選」に選定されました