川島古墳公園
川島古墳は昭和63年(1988)道路改良工事中に発見され、調査の結果飯塚市内では唯一の装飾古墳であることが明らかになり考古学上その学術的価値が極めて高いことが、認められ平成4年(1992)福岡県指定史跡に指定されました。飯塚市ではこの装飾古墳の保存を図りさらに郷土の歴史学習の場として公開活用するために、近隣する古墳3基(平成8年「1996」飯塚市指定史跡に指定)を含め古墳公園として整備しました。
福岡県指定史跡の装飾古墳など4基の古墳を整備した川島古墳公園は平成10年(1998)に完成した。広さ約3,700平方メートル、11基ある古墳群のうち六世紀末の直径15〜17メートルの4基の円墳を盛り土をして築造時の姿に復元。装飾古墳以外の古墳は横穴式石室の中へ入れるようになっている。
【アクセス】
 JR新飯塚駅より車で5分
【お問合せ先】
 飯塚市歴史資料館 TEL 0948-25-2930

住所飯塚市川島
407

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)