勝盛公園(かつもりこうえん)
飯塚市中心部にある一番古い公園で、桜やツツジの名所として市民に広く親しまれています。ソメイヨシノ、ウコンザクラ、ヒガンザクラ、カワヅザクラ、サトザクラなど(約300本)やツツジ(約8,000本)が咲き誇る春には、多くの花見客で賑わいます。
勝盛公園の前身である旧勝盛公園ができたのは、大正10年のこと。まだ地方都市に公共の公園があること自体が珍しかった時代に、頂上に宮地嶽神社を持つ小高い丘に遊歩道や植栽などを整備した4896坪の公園としてスタートしました。勝盛公園が現在の規模になったのは、昭和になってからのことです。昭和10年1月麻生の2代目・麻生太賀吉氏が、昭和8年12月に亡くなった初代・麻生太吉氏を記念して、旧勝盛公園に隣接した8895坪の土地を飯塚市に寄付。「(ろざん)遊園地」として開放しました。その後、戦後の一時期には小動物園やミニSLなどまで備えた公園として広く愛された遊園地は昭和32年に「かつもり公園」と名称を変更します。さらに、昭和37年には、旧勝盛公園との一本化に伴って「勝盛公園」と改称。現在では動物園もミニSLも廃止されていますが、昭和54年からは石炭輸送で活躍したSLを展示するようになりました。

住所飯塚市片島
1-607-1

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)