大分八幡放生会
大分八幡宮の秋の大祭である放生会では、流鏑馬や獅子舞が奉納され、京都の石清水八幡宮に学んだ格調高い獅子舞は享保9年(1724)にはじめて奉納されて以来、現在にいたるまで守り伝えられています。県内の獅子舞の一つの源流であることから「大分の獅子舞」は県の無形民俗文化財に指定されています。
【開催場所】飯塚市 大分八幡宮
【開催日】 9月の最終土曜日、日曜日
【指定】福岡県指定無形民俗文化財
【アクセス】JR筑前大分駅より徒歩15分

ご案内
住所飯塚市大分
1281

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)