大分八幡宮(だいぶはちまんぐう)
大分八幡宮は奈良時代の神亀3年(726)に創建されたと云われます。祭神は八幡神(応神天皇)・神功皇后・玉依姫命。平安時代の延長元年(923)に、八幡神が大分宮から博多湾岸の筥崎へ遷座するという出来事が起こりました。大分八幡宮が筥崎宮(福岡市東区)の元宮と云われるのはこのためです。その後も大分八幡宮は、宇佐八幡宮(大分県宇佐市、現在の宇佐神宮)の「九州五所別宮」第一に位置づけられるなど、由緒正しい名社として存続しています。境内には、神功皇后が三韓の役から帰国の際に持ち帰った3本の樟の内の1本の子孫であると云われている大樟があります。推定樹齢は約350年、胴回りの径は約9メートルで福岡県指定天然記念物です。また、応仁天皇の産湯を使ったとされる井戸や、仁王像が安置される神仏習合時代の様式を今に伝える総門(楼門)、弁財天と「殺生禁断」の石柱がある放生池などがあります。
創建当時の社殿は現在地より後方の丘陵上にありましたが、戦国時代に戦乱のため消失。天正5年(1577)に秋月種実が現在地に再建しました。現在の社殿は拝殿、本殿とも平成7年(1995)に改築されたものです。
神殿裏山の小高い丘陵地は全国でも珍しい皇室古墳埋蔵推定地「仲哀天皇陵」として考古学者の学問的期待をかけている聖地です。
【アクセス】JR福北ゆたか線 筑前大分駅から徒歩15分

ご案内
住所飯塚市大分
1272
TEL0948-72-0621

  
スマホ版はこちら
QRコードを読み取ってアクセスしてください。
(クリックでも可能です。)

スマホ(Android,iPhone)