旌忠公園(せいちゅうこうえん)
勝盛公園と並んで、筑豊の四季を彩る旌忠公園。春は約630本のソメイヨシノ、ウコンザクラ、約600本のツツジなどの花見に、秋は月見や紅葉狩りに、飯塚市はもちろん周辺地域からも多くの人が訪れます。旧飯塚市東部の小高い山を整備した公園なので、頂上からの開けた眺望も見事です。
旌忠公園は明治10(1877)年の西南の役以降、国のために戦って命を落とした地元の人々の功績を称える忠霊塔のために整備された公園です。昭和15(1940)年、当時麻生商店の社長だった麻生太賀吉氏は、皇紀2600年の記念事業のひとつとして、忠霊塔を建設しようという飯塚市の計画を耳にすると高尾山と呼ばれていた私有地を忠霊塔建設の用地として飯塚市に提供。また、建設費の一部として、3万円の寄付(現在の貨幣価値に換算すると1億円前後の寄贈に相当します。)建築に際しては旧制中学、高校の学生、地元の多くの団体の社員・職員のボランティアにより昭和15年12月に完成しました。

住所飯塚市立岩
ホームページhttp://www.aso-group.jp/history/achievement_04.html