綱分八幡宮で、隔年毎に10月に行われる御神幸祭で、昭和(51)年(1976)年4月に県の無形民族文化財に指定されました。
暦応年間(1338→1341)以来の神事といわれ、天正年間(1338〜1591)の頃、領主秋月種実の崇敬篤く社領として23町300歩の地を寄せられ、祭りも厳粛に執行させられたと伝えられています。
現在は神楽・獅子舞・稚児舞・流鏑馬が奉納されています。
【開催場所】飯塚市 綱分八幡宮
【開催日】隔年(西暦奇数年)の10月第3土・日曜日    
【指定】昭和51年4月 福岡県指定無形民族文化財 
【アクセス】西鉄バス綱分バス停下車徒歩2分