飯塚市歴史資料館は郷土の歴史・文化財に対する市民の理解と認識を深め、市民の文化活動、生涯学習に寄与するために、昭和56年11月に開館しました。
建築様式は、古代の高床式を一部取り入れ、屋根については、日本伝統の丸瓦風とし、一見古代の神明造の形式を用いています。