大分八幡宮境内にある「大楠」は参道の左にあります。
推定樹齢は約350年、胴周りの径は約9mです。

神功皇后が三韓征伐から帰国の際に持ち帰った3本の楠の内の1本の子孫であると言われています。

福岡県の天然記念物に指定されています。