福岡県飯塚市の観光総合情報ポータルサイト。飯塚市の魅力をギッシリ詰め込みお届けします。

ジャンル検索

88 件中 1~20 件を表示
 
旧伊藤伝右衛門邸(きゅういとうでんえもんてい)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0066 福岡県飯塚市幸袋300番地
連絡先 0948-22-9700

2011年9月21日に庭園が国の名勝指定を受けました。
旧伊藤伝右衛門邸は、筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門と歌人柳原白蓮が過ごした邸宅です。明治期に建てられ大正期、昭和初期に改築された近代和風建築物です。山本作兵衛原画常設展示中。

2

旧松喜醤油屋(きゅうまつきしょうゆや) 詳細情報はこちら

旧松喜醤油屋(きゅうまつきしょうゆや)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-1111 福岡県飯塚市勢田730
連絡先 0948-25-2930

旧松喜醤油屋は明治13年(1880)から醤油醸造に専念し昭和40年代まで醸造を続けました。現在は飯塚市指定文化財として保存されています。醸造蔵などは既に無く、「舟底天井」や「月見台」「箱階段」などに豊かな商家の面影が見られます。「大黒柱」に筑前竹槍一揆の傷跡があります。
ナビ案内 頴田支所 飯塚市勢田1271-1電話09496-2-2211

嘉穂劇場(かほげきじょう)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0041 福岡県飯塚市飯塚5番23号
連絡先 0948-22-0266

昭和6年(1931)落成、木造2階建て入母屋造り。間口10間(約18m)の大きな梁を構成することで、柱を使わずに建てられた千二百人を収容する客席は、この地がかつて炭鉱で栄えていたからできたと云える贅沢な空間です。
平成18年(2006)国の登録有形文化財、
平成19年(2007)国の近代化産業遺産に指定されました。

4

巻き上げ機台座/三菱飯塚炭鉱(まきあげきだいざ) 詳細情報はこちら

巻き上げ機台座/三菱飯塚炭鉱(まきあげきだいざ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0073 福岡県飯塚市平恒460-8
連絡先 0948-25-2930

巻き上げ機台座は幅13.5m高さ12m筑豊地方でも最大級の巻き上げ機台座で、大正時代に作られ蒸気の力で稼動したと云われています。炭鉱の坑内に資材などを送ったり掘り出した石炭を地上に搬出する、トロッコを引張るためにロープを巻き上げる機械の台座として使用されました。

曩祖八幡宮(のうそはちまんぐう)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0069 福岡県飯塚市宮町2-3
連絡先 0948-22-0511

飯塚鎮守の氏神様です。古の時代より飯塚の人々の生活を見守って下さる神様です。イイヅカの由来でもある「いつかの里」の氏神で、良縁、復縁、健康等の祈願者が多く来られます。

6

飯塚山 太養院(いいづかさん たいよういん) 詳細情報はこちら

飯塚山 太養院(いいづかさん たいよういん)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0042 福岡県飯塚市本町19-15
連絡先 0948-22-3094

明正寺の隣にあり曹洞宗の寺院。行基の開山と伝えられ、かつて「飯ノ山」と称する丘にありました。器運山香積寺(きうんざんこうじゃくじ)と号していましたが、慶長5年(1600)黒田長政公の命により今の号に改めました。飯塚御茶屋は明正寺内にありましたが、寛永17年(1640)黒田忠之公が「飯ノ山」の太養院を現在地に移転し、その跡に上茶屋を設けました。

7

大分八幡宮(だいぶはちまんぐう) 詳細情報はこちら

大分八幡宮(だいぶはちまんぐう)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0712 福岡県飯塚市大分1272

大分八幡宮は神功皇后ゆかりの社です。三韓征伐から帰国され粕屋の宇美八幡宮で応神天皇をご出産後、京にご帰還の途中、軍隊を引率して立寄られた所です。奈良時代神亀3年(726)に創建されたと云われ宇佐八幡弥勒五社別宮の第一社として宇佐八幡信仰の拠点とされた大社です。昭和31年(1956)大楠が福岡県指定天然記念物に指定されました。

8

冷水峠(ひやみずとうげ) 詳細情報はこちら

冷水峠(ひやみずとうげ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0706 福岡県飯塚市内野

長崎街道内野宿と山家宿の中間にあり、九州の箱根と言われるほどの難所でした。峠には雨の日でも滑らないように石が敷き詰められていて、現在でも当時の面影を残しています。筑紫野市山家から冷水峠を越えて内野に至る区間は、「平成8年文化庁の歴史の道百選」に選定されました

9

鹿毛馬神籠石(かけのうま こうごういし) 詳細情報はこちら

鹿毛馬神籠石(かけのうま こうごういし)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-1112 福岡県飯塚市鹿毛馬1088
連絡先 09496-2-0553

鹿毛馬神籠石は約1,800個の切石を並べて列石とし、低い谷間に石組みで水門等が設けられており、古代(7世紀)頃の山城ではないかと考えられています。昭和20年(1945)国の指定史跡に指定されました。

10

明星寺(みょうじょうじ) 詳細情報はこちら

明星寺(みょうじょうじ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0022 福岡県飯塚市明星寺1424

平寿山妙覚院と称し開基の時代は不明です。比叡山の末寺で虚空蔵を本尊とする寺で、老朽化甚しい姿を聖光上人(鎮西上人)が見て嘆かれ、これを再興するため大日寺山に入って柱を切りとり三層の塔を建てました。当時は大寺で堂舎数多く、 大きな伽藍であったが今はただ虚空蔵堂、地蔵堂、薬師堂のみが残って、そのほかの弥陀堂、観音堂、鏡楼など皆、田、畑となり名称だけが残っています。

11

厳島神社(いつくしまじんじゃ) 詳細情報はこちら

厳島神社(いつくしまじんじゃ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-1112 福岡県飯塚市鹿毛馬1083
連絡先 09496-2-0488

南北朝時代の延文元年(1356年)まで、筑前國と豊前國の両国の衆民によって日王山の頂に祀られていましたが、山上であるため参詣に不便なことから、神託によって本宮の三女神を筑前國鹿毛馬村(現:飯塚市鹿毛馬)に遷座し、相殿の天照大御神と神宮院淨福寺を豊前國神崎村(現:田川郡福智町神崎)に遷座し奉りました。

12

菰池(こもいけ)のヒメコウホネ 詳細情報はこちら

菰池(こもいけ)のヒメコウホネ
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0114 福岡県飯塚市大門61

大門の菰池に自生するヒメコウホネはスイレン科コウホネ属の植物で浅い沼や池に生えるコウホネの一種です。6月から9月にかけて、水上に突き出た花柄(茎)に黄色い小さな花を付けます。絶滅の危機に晒されている貴重な植物です。飯塚市指定天然記念物、環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

13

天女山 西光寺(てんにょざん さいこうじ) 詳細情報はこちら

天女山 西光寺(てんにょざん さいこうじ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0709 福岡県飯塚市馬敷283

紅葉寺としても親しまれ、茶会・俳句会・写生会・撮影会・演奏会・料理教室・仏前結婚式などが行なわれています。
開基は西蓮(瓜生満左衛門)。文永年間(鎌倉中期)に豊後(大分県)から当地に移住した瓜生家の第11代で、文禄4年(1595)に出家し慶長元年(1596)に西光寺を公称。現本堂は嘉永5年(1852)に建立。現庫裡は明治5年(1872)に長崎街道内野宿(本陣)の一部を移築。平成13年(2001)全面的な修復工事が完成。

麻生大浦荘(あそうおおうらそう)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0003 福岡県飯塚市立岩1060番地

春と秋に特別公開される麻生大浦荘は、「筑豊御三家」のひとつに数えられた麻生一族の住宅のひとつで、数寄を凝らした和風入母屋書院造りが美しい邸宅は大正末期に建てられたと云われています。
ナビ案内 飯塚市歴史資料館 飯塚市柏の森959-1 tel 0948-25-2930

15

川津古墳(かわづこふん) 詳細情報はこちら

川津古墳(かわづこふん)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0067 福岡県飯塚市川津652-12

九州工業大学の近くにある川津古墳は5世紀前半~中葉頃の円墳で主体部は箱式石棺です。石棺の周囲は礫石が敷きつめられ、排水溝が巡り、石棺の頭位方向で合流して墳裾へ延びています。現在、古墳を含めた周辺は公園として整備されています。
平成4年(1992)飯塚市指定史跡に指定されました。

16

許斐神社(このみじんじゃ) 詳細情報はこちら

許斐神社(このみじんじゃ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0066 福岡県飯塚市幸袋506-1

許斐(このみ)神社は天正元年(1573)の 頃、秋月氏の家臣、許斐某がこの城にあった木実権現を崇敬し神社を建て直したので、いつしか許斐神社と言われるようになったと伝えられています。須佐神社、稲荷神社、天満神社、蛭子神社が許斐神社の境内に併祀されいます。一の鳥居は伊藤伝右衛門が寄進したものです。

17

宗賢寺(そうけんじ) 詳細情報はこちら

宗賢寺(そうけんじ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0706 福岡県飯塚市内野3084
連絡先 0948-72-0287

内野宿を見おろす小高い丘の上に建つ名刹です。境内には内野宿建設・冷水峠の開削をおこなった内野太郎左衛門(うちのたろうざえもん)の墓があります。

綱分八幡宮(つなわきはちまんぐう)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0101 福岡県飯塚市綱分866-1
連絡先 0948-82-2069

綱分八幡宮の創建は、神亀3年(726年)頃と伝えられています。
宇美町の宇美八幡、福岡市の筥崎宮、旧筑穂町の大分八幡、大分県宇佐市の宇佐神宮と並ぶ由緒深い神社の一つです。
綱分八幡宮の誕生の背景には、神功皇后伝説と深く関係しています。
隔年毎秋に行われる放生会御神幸祭は県無形民俗文化財に指定されています。

19

撃皷神社(げきこじんじゃ) 詳細情報はこちら

撃皷神社(げきこじんじゃ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0065 福岡県飯塚市中1368-2
連絡先 0948-22-7335

古い伝えによると上宮は白旗山中腹にあり下宮が山裾にあって古くは上宮を鼓打権現・下宮を笛吹権現と呼んでいた。この両権現は神功皇后が三韓出兵の際の神楽奉納で囃子の太鼓・笛を指導した神だと云われている。

千鳥屋本家(ちどりやほんけ)
ジャンル
観る 買う 食べる 祭り 泊まる 体験 菓子処
所在地 〒820-0042 福岡県飯塚市本町4-21
連絡先 0948-22-0831

千鳥饅頭で名高い千鳥屋本家は寛永7年(1630)創業。炭坑労働者たちは甘いお菓子が大好きでした。千鳥屋は水、素材、製法へのこだわりを大切にしています。緑豊かな自然や美味しい水にとり囲まれた飯塚工場で作られる元祖千鳥屋商品をどうぞお楽しみください。

88 件中 1~20 件を表示
 

モデルコースのご案内

飯塚観光協会会員一覧

facebook飯塚観光協会
飯塚観光ネットショップ
いいづか街歩きマップ
飯塚伝説ホルモン
福岡県飯塚市のふるさと納税はこちら
BLACK EXPRESS
長崎街道シュガーロード
ひなの国九州
飯塚市役所
飯塚オート
飯塚商工会議所 福岡よかとこドットコム
飯塚観光協会

サイトマップ

 サイトマップ



飯塚観光協会
Iizuka Tourism Association
〒820-0040
福岡県飯塚市吉原町6-1あいタウン2F
TEL : 0948-22-3511
FAX : 0948-22-2528
E-mail : otoiawase@kankou-iizuka.jp
MULTILINGUAL CALL CENTER
TEL : 092-687-4961